脳

記憶と物忘れ

勉強などをするときに役立つ人間の記憶力は20台をピークに減少する傾向にありますが、物忘れをしないように日常生活から努力をしておくことも大切です。記憶力以外では経験を積むことでいろいろなことを学ぶことも可能なので、おおよそ50代くらいまでは経験によって新しいことを吸収することもできます。しかし物忘れが多くなってきたと感じる人には、実はオンジという漢方薬が効果的で古くは健忘などの防止に役立ってきました。

脳神経を修復させる

物忘れが出てくるようになる人には脳にある神経が壊されてしまっていることも問題となり、それを修復できれば物忘れや健忘などの症状が緩和します。漢方成分でもあるオンジには脳神経を修復させる効果があり、古くより伝達されている漢方の力によって自然の生薬として使うことで脳を守ることができます。前頭皮質や海馬などが記憶力を司っている部位になりますので、脳神経のシナプスがつながっていくことで記憶力を向上させることが可能です。

タイプはいろいろあります

物忘れが多くなって気になるようになった人はオンジを試してみる価値はありますが、治療する薬ですからいろいろなタイプがあることを知っておくことです。錠剤タイプもありますし顆粒状タイプもあるので、自分が飲みやすいほうを選ぶことで症状を緩和することができます。ただしそれらの違いだけではなく、一日に摂取する配合量も違いますので、薬局に売っている場合でも前もって薬剤師に相談をしてから処方してもらうことがベストです。

アレルギー反応がある人

オンジ自体は自然の漢方薬ですが、それでも副作用が気になる人で起こりやすいのが、めまいや嘔吐、発疹が出るケースがあるため必ず相談をしてからとり始めることです。特に普段から免疫力が弱い人やアレルギー反応が起こりやすい人などは、気をつけることで安全に薬としてとることができます。また副作用としてよくあるのが腹痛や下痢などがありますが、これはもし起こったとしても慌てないでも一過性になりますので気にする必要がありません。もし健忘を治したいが薬によってなかなか下痢が治まらない場合には、医師に相談をしてどのような対処がいいのか相談をしてみるのも一つの方法です。病院で治療をした場合には認知症の疑いも出るかもしれませんが、自分で物を忘れているという自覚がある以上は認知症などではないといえます。定期的に調べておくことで認知症の予防にもなりますので、健忘などが自覚できてもオンジの漢方薬で改善できるように意識をしておくことです。

広告募集中